不動産会社の営業担当者に聞く物件情報は、住宅販売会社の説明とは違い、客観的な視点があり役立ちます。

営業担当者に聞いた!不動産情報のホントのこと
このエントリーをはてなブックマークに追加
営業担当者に聞いた!不動産情報のホントのこと

不動産会社の営業担当者に聞く住宅情報が役立つ理由

マイホームを購入しようとするには、その価格や住宅ローンの手続きなど、なかなかハードルが高いと思います。しかし購入しようという決断をしないと、なかなか行動に移せないのも確かだと思うのです。住宅展示場のモデルハウスを眺めているだけでは、イメージがふくらんでも、現実には遠い話のことのように思えてしまうこともあります。そこでオススメしたいのが、不動産会社を巡って、中古物件を見学させてもらうという方法です。この場合、目的は見学です。ですから将来もしくは極めて近い将来に新築物件を購入したいという意志が強いのであれば、それで構いません。不動産会社のひとには、ひやかしと思われないようにマイホーム購入希望と言えば良いのです。新築物件か中古物件かは明言する必要は、ありません。そして中古物件見学のメリットは、その価格です。おそらく、手が届きそうに感じられると思うからです。だからと言って購入を真剣に検討する必要は、ありません。なぜならば、どのように高価な新築物件だったとしても、売却されるときには中古物件となり、このような価格にまで下がってしまうのだ、ということが理解できれば良いからです。
どのように高額の新築住宅も、何らかの事情で売却されることになれば、確実に価格は下がってしまいます。そして中古物件として取り扱われます。私が中古物件見学で学んだことは、まずは価格です。この価格でなら、無理のない住宅ローンが組めそうだと心から思えたのです。そして新築にこだわるよりも、毎月の返済額が無理なものとならないようなマイホーム購入に切り替えても良いのではないか、と考えるようになったのです。中古物件見学では、不動産会社の人から話を聞くことができます。ここで注目したいのは、彼らはメーカーの営業担当者ではない、ということです。つまり営業トークなしでシンプルに物件情報を教えてくれるというわけです。押しに弱い、という性格の人でも身構えることなく質問が出来ると思いますし、衝動買いを決意せずに済みます。営業担当者という立場は同じでも、不動産会社に所属しているのか、住宅販売会社やメーカーに所属しているのかで、ずいぶんと違うものだなと言うのが実感できると思います。モデルハウス見学に慣れている人にこそ、オススメしたいのが中古物件見学です。

お役立ち情報

Copyright (C)2014営業担当者に聞いた!不動産情報のホントのこと.All rights reserved.